top image top image top image top image
  •   躯体補修、シーリング工事

    • 樋バンド交換工事

      樋バンドは、錆びが進行すると破損して樋が倒れるなどの危険性があるため、定期的な交換が望ましいと考えられます。

      Before

      After

    • 避難ハッチ交換工事

      火災などの災害時、旧式のスチール型であると錆びて機能しない危険があるため、新型のステンレス製の避難ハッチに交換いたします。

      Before

      After

    • ページトップへ

    • クラック補修

      クラック補修は、幅0.3mmを境に工程が違います。弊社では、これらの補修方法に対応できます。

      0.3mm未満の場合

       



      幅が0.3mm未満の細かいクラックは、ブラシで磨いてセメントフィラー(モルタル樹脂)を擦り込みます。

       

      0.3mm以上の場合

      ①施工前

      ②Uカット

      ③清掃

       

      ④プライマー塗布

      ⑤シール材充填

      ⑥ヘラ押え

       

      ⑦埋め戻しプライマー塗布

      ⑧樹脂モルタル埋め戻し

      0.3mm以上の大きな幅のクラックの補修は、まずUカットを行ってから、清掃します。 その後、プライマー(接着剤)を塗布しシール材を充填、ヘラを使用して凹凸を無くします。そして、さらにプライマーを塗り、仕上げに樹脂モルタルで埋め戻します。

      ⑨施工完了

    • ページトップへ

    • 爆裂補修

      外壁が剥離しそうな箇所については、ハンマーを用いて打診調査を行い、補修箇所を特定し、老朽化している部分を一度落とします。そして鉄筋部については、錆び止めを塗り、その後プライマーを塗り、樹脂モルタルを充填します。

      ①施工前

      ②斫り

      ③ケレン・清掃

      ④プライマー塗布

      ⑤樹脂モルタル充填

      ⑥施工完了

    • ページトップへ

    • 笠木の浮き補修


      笠木は時間が経過すると、「浮き」が発生します。この「浮き」は放置しておくと危険なので、補修する必要があります。

      「浮き」を特定するため、金槌を用いて打診調査を行い、マーキングします。

       

      ①最初にドリルを用いて穴を開けます。

      ②開けた穴に風を吹き込み、清掃致します。

      ③筒状になったピンを刺し(ピンニング)、エポキシ樹脂注入の準備をします。

      ④前工程で刺し込んだ筒状のピンからエポキシ樹脂を注入します。

      ⑤エポキシ樹脂を注入して浮きがなくなったら、穴埋めを行います。

      ⑥穴埋めが終わったら浮き補修完了!

    • ページトップへ

    • 共用廊下サッシのシール打替

      窓とサッシの隙間には、シールが入っていますが、このサッシ廻りの老朽化したシールを撤去し、打ち直します。

      ①施工前

      ②養生

      ③プライマー塗布

      ④シール充填

      ⑤仕上げ

      ⑥施工完了

    • ページトップへ

    • 足場組み 塗装工事 防水工事 躯体補修、シーリング工事 共用部、長尺シート貼り工事